いろいろタルトレットの会

 12日は朝日カルチャー京都との共催で「おもたせの焼き菓子づくり」、13、14日は「粉遊びの会」を開きました。タルトレットをたくさん、作っていただきました。私にとっては「ショコラな1カ月」のフィナーレです。思えば1月半ば、日経新聞のチョコレートケーキランキングづくりに始まりました。2月上旬には関西〜瀬戸内ショコラ行脚へ突入。そしてシメの京都で大事な時間です。チョコレートは仏ヴァローナ社のカカオ70%「グアナラ」、ホワイトチョコもヴァローナの「イヴォワール」、生クリームはナカザワ、粉は北海道産ドルチェ…お気に入りのいい素材ばかり使っています。なので、おいしくないわけがないのです。ボウルや泡立て器についたチョコレートも残さずぺロリといただけば、「指が、うまーい!」。いったい何キロチョコレートを食べたか分からないのに、全然飽きもせず、同じセリフを叫びます。参加者の皆さんにも強要。
 タルトレットの具は仏サバトン社のオレンジピール、ボンヌママンのマロンクリーム、仏製フィヤンティーヌ、お手製グラノーラにお手製レモンクリーム、ピンクペッパー、マルコナアーモンドにクルミ…。おひとり20個近く作っていただきましたが、それぞれ味わいやデコレーションが違っているのも手作りならではの味です。写真はモスクワ帰りのyoccaさん撮影。

広告を非表示にする