大阪・ミナミでラジオ収録

 ラジオの収録のため午前7時半、羽田発のJAL便で伊丹へ。ついたらザーザー降りだったのに、傘を持たずにやってきた子連れ無謀オーカミな私です。バスに乗り、大阪・ミナミへ。午前10時の待ち合わせに間に合ってホッ。
 吉本新喜劇末成由美さん、ランディーズ中川貴志さん、日本コナモン協会会長の熊谷真菜さんとご一緒させていただきました。スタジオに着いて丁稚を抱っこひもから降ろし「じゃ、お願いします」。スタジオに招き入れられマイクの前に。あれ、打ち合わせは?これもう収録される?あっというまに収録が始まり、終わりました。はやーっ。打ち合わせゼロの現場は、自らの少ない体験でも初めてです。
 「大阪はラジオもテレビもこんな感じですよ」。声をかけてくださった元・吉本社員T子さんは言いました。打ち合わせをするとテンションが下がるから、いきなり始めるのがフツーだそう。確かに何度も打ち合わせとかリハーサルすると、勢いが薄れますが、それにしてもまったくの「ゼロ」って、さすが大阪、テンポがよすぎ。やっぱり大好きだなあ。それにしてもおしゃべりしにきただけのような。
 
 

広告を非表示にする