TG315便、乱気流のなか考えた

 「あと20分で着陸します…」。17:55発TG便の機長アナウンスが流れてからが、長かった。うわー。フーッと体が浮くような乱気流に巻き込まれました。稲妻をかすめ、とどろく空をかきわけるように進んでいるのが窓から分かります。もうデリー上空だし、すぐに落ち着くだろう。何の根拠もない推測をあざ笑うように、ずっと上下に激しく揺れ続けました。客席の天井が一部、脱落します。揺れるたびにインド人乗客から「フーッ」「キャー」というような小さな叫び声も時々、上がりました。クーデターより何より、怖かった。もう墜落するんだろうか。お母さん、助けて。ぎゅっと天国へ向かって無事を祈りました。
 私もまだまだ、やりたいことはあるけれど、まあ結構やっちゃってるし、せめてケイだけは生き残らせて。願わくはもう少し、ケイが大きくなるまで見届けたかったなあ…。激しい揺れの中、念じました。私もそんなふうに思うんだ。親としては当たり前かもしれませんが、自分にちょっとびっくりしたのでした。天国の母もきっと「あんたが、なあ」と笑っているかも。とはいえ少し揺れがおさまるとホッとして、座席上の収納に入れた生卵5ケースが気になり、「卵よ割れないでー」と俗な欲望がむくむく湧いて出るのでした。命が助かればいいはずなのに、それぞれの局面、それぞれのレベルでやっぱり欲深いのが面白い。
 当の丁稚ケイは揺れの途中から目覚めました。激しく揺れていても怖くないのか、じーっと前を見据えたままです。ねぼけているのか身じろぎもしません。紫色の毛布に首からすっぽりくるまっていて坊主頭のせいか、どこか仏様のようでした。無事に着陸すると機内は安堵の拍手と口笛が鳴り響きました。私はひどい揺れで脳みそも胃袋がシェイクされたか、久々に泥酔した20代の日を思い出しました。うえー。

  • -

☆粉遊びの会@6月「シュークリームの会」、募集中です!どうぞいらしてくださいませ。
空きがあるのは下記の日程です。
1日(日)13:00−
5日(木)10:00−
10日(火)10:00−
15日(日)13:00-
詳しくはコチラ→2014-05-20 - おやつ新報お知らせ

  • -

☆初の翻訳本が発売されました(Kindle版もあります)。

パリの小さなキッチン

パリの小さなキッチン

  • -

☆新刊「パリのチョコレート レシピ帖」はおかげさまで増刷されました。日本図書館協会選定図書にも選ばれました!春も「パリチョコ」、引き続き熱烈よろしくお願いいたします。

パリのチョコレート レシピ帖

パリのチョコレート レシピ帖