「パリの小さな台所」出版記念イベント@COOK COOP BOOK

東京・紀尾井町の食の専門書店「COOK COOP BOOK」で19日、翻訳した「パリの小さなキッチン」出版イベントを開きました。福岡発8:00、 JAL302便で羽田空港に着き、午前11時には会場入りし、仕込んだ食材を冷蔵庫に閉まってホッ。何より分不相応にハイスペックなキッチンスタジオに感動しました。だってプロ用オーブンが10台近くあるのですから、20人ぐらいのお菓子レッスンでも余裕でこなせそうです。コンロにいたっては「エアー中華鍋あおり」、思わず右手首を回転させてしまったほどのハイカロリーです。聞けば1年前まではタルト屋さんだったそうで、包丁も鍋もヘンケルスだし、こだわりぶりが伺えます。ほぼ連日、出版イベントや料理教室が開かれていて、そのどれもが生徒として参加したくなるものばかり。書店スペースもどの一冊からも目が離せない散財スポットです。ああここんちの子になりたい。ここで働かせてくださいっ、とS店長に口走ってしまいました。
イベントは午後6時、スタートです。いらしてくださった24名のみなさまを前にロックフォール入りグジェール(塩味シュー)と塩味パルミエ(パイ)を実演です。すみません、著者のレイチェルさんみたいなかわいげもないうえ、ぶきっちょ&あやしい手元が大画面に映し出されるという気恥ずかしさです。あとから見たら黄緑のランナーズウォッチをしたままで、えらい目立っていたような。
23日にはインドへ立つ身、ではよいお年をー(はやっ)。口走ってしまいましたが、また年内にもやらせていただけたらなあ。いらしてくださったみなさま、キャンセル待ちしていただいたみなさま、サポートしてくださったみなさま、心から感謝いたします。
終了後にCOOK COOPのディレクターSさんにどうでしたかねえ、、と恐る恐る伺いました。一瞬絶句した(ような気がした)あと「いや、、新しかった、、ですね」ときっぱり。あわわわ、エレガント紀尾井町の風紀を乱したか。
☆当日のメニュー〜パリの小さなキッチンより(一部はアレンジ)
・イチジクと鶏レバーのサラダ(イチジクはドライ)
ラタトゥイユ(大型シェルのパスタ詰め)
・クレープ(ボルディエのヴァニラバター添え)
・ガレット&リエット(漫才コンビかっ、な取り合わせ)
ロックフォール入りグジェール
・ソーセージとピスタチオ、プルーンのケーク・サレ(パリの名店ジル・ヴェロのスモークベーコン入り)
・カリフラワー入りヴィシソワーズ(カリフラワーがなくキャベツで)
・塩味パルミエ&塩味サクリスタン(マイユの絶品フレッシュマスタード添え)
・クレーム・ブリュレ(オーブンが使いこなせずソース・ブリュレに)
・チーズプレート、チェリートマトとヴァニラのコンフィチュール添え(パリの名店キャトルオムで購入)
ます。
COOK COOP BOOK http://cookcoop.com/

  • -

☆初の翻訳本が発売されました(Kindle版もあります)。

パリの小さなキッチン

パリの小さなキッチン

  • -

☆新刊「パリのチョコレート レシピ帖」はおかげさまで増刷されました。日本図書館協会選定図書にも選ばれました!引き続き熱烈よろしくお願いいたします。

パリのチョコレート レシピ帖

パリのチョコレート レシピ帖

広告を非表示にする