消えたメガネ現る

 東京・紀尾井町のCOOKCOOPでのイベントに来てくださった中川亜紀さんはロシア料理研究家で、高校、大学と同窓(私のほうがずっと上ですが)という共通点もあり、お話しさせていただきました。夫のモスクワ赴任にともなってかの地に住んでいたそうです。「卵を運ぶという話、よく分かります」と言ってくれました。なんと段ボール20箱+スーツケースをカート5台に乗せて食材を運んでいたそうです。しかも3児を連れて。上には上がいます…。ちなみにデリーの空港は段ボールだと検査台を通せと言われる確率アップ必至なので、すべてスーツケースかバッグに詰め替えるのでした。あー、スーツケース貧乏です。
 さてインド的茶飯事、メイドさん、今朝も現れず。もうアカン、次だ次、と候補者がインタビューに来るのを待っていたら、ノックする音が。ドアを開けると端正なインド紳士が立っていました。あれ、見覚えがある人だけれど、どこだっけ…と思ったら「JALの○○です」。ああ、そうだ、いつも空港で会う方で、なんと前々日、成田発デリー便の機内でなくしたはずのメガネが差し出されたのでした。最後まで居残って探してもなかったのに、うそー。どこにあったんですか。「座席の後ろに…」と言われましたが、4,5人ががりで何度も見たのに、どんなブラックホールがあったか。出て来たのもびっくりですが、わざわざ自宅まで届けてくれたのにも感激です。さすがJALさま、またミサオを立ててしまうなあ、ってはた迷惑な客だけど。
中川亜紀さんのHP  http://aki-russia.jp/

  • -

☆初の翻訳本が発売されました(Kindle版もあります)。

パリの小さなキッチン

パリの小さなキッチン

  • -

☆新刊「パリのチョコレート レシピ帖」はおかげさまで増刷されました。日本図書館協会選定図書にも選ばれました!引き続き熱烈よろしくお願いいたします。

パリのチョコレート レシピ帖

パリのチョコレート レシピ帖

広告を非表示にする