まさかの復活を遂げる廃墟ビル

 20日の「粉遊びの会」は同じレジデンスに住む方たちが5人中3人でした。私が入居した1年8か月前はまだ日本人も少なかったのが激増、毎週、日通の引っ越しトラックを見かけ、いまやエレベーターで乗り合わせるのが当然に。こうなると珍しくないので、軽く会釈をするぐらいで名前を名乗ったり、どちらから?といったあいさつをしなくなったのはちょっと、さみしい気もします。
 引っ越してこられたYさんはグルガオン歴7年です。「この辺りって以前はどうでしたか?」と訊くと、「ココも廃墟だったんですよ〜」とのことでした。というのも近くに工事がストップしたのか廃墟なのかよく分からない、鉄棒むき出し、朽ちかけのビルがあったのですが、あんなふうだったのか。インドでは資金不足で工事ストップというのはよくあることのようです。ですがやはりインクレディブル・インディアなのは廃墟ビルが突如としてまさかの復活、工事のつち音が響き始めたかと思うと、いまや堂々、完成間近なのです。ここも一度は廃墟だったかと思うと、そりゃあ水漏れとかトラブルも多いわなあ、と納得してしまうのでした。

  • -

☆ 「1日ショコラティエ@鹿児島」を2月1日(日)15:00〜、天文館のマルヤガーデンズで開きます。詳しくはコチラ→http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20150112
☆「1日ショコラティエ@北九州」は2月8日(日)です。詳しくはコチラ→http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20150110

  • -

☆拙著「パリのチョコレート レシピ帖」はおかげさまで増刷されました。日本図書館協会選定図書にも選ばれました!いよいよチョコレートのシーズンです。熱烈よろしくお願いいたします。

パリのチョコレート レシピ帖

パリのチョコレート レシピ帖

  • -

☆初の翻訳本が発売されました(Kindle版もあります)。

パリの小さなキッチン

パリの小さなキッチン

広告を非表示にする