デリー〜成田〜有楽町〜渋谷

オバマ米大統領訪印を控えた23日、インディラ・ガンディー国際空港までの道は混んでいました。いつもは40分ぐらいのところを1時間かかりました。ってよしとしないといけないか。スーツケースは帰りの買い出しに備え、マトリョーショカ状態でインして3つです。3つなら1人でも何とかなるなあ。
 JALのJカウンターでチェックインを済ませて出国審査場へ。わー、つづら折りです。しゃーないと列に入って15分ぐらいたったころに気づきました。あ、手荷物タグをもらい忘れたー。デリーの空港では手荷物タグに検査済みのスタンプを押されないと搭乗できないのです。ううう、凡ミスに舌打ちしながら3歳半の丁稚ケイを引きづってカウンターに引き返しました。手荷物検査も激混みです。搭乗口が近くてよかった。海外でVISAカードを使っておくと成田到着後、宅急便が500円で送れるので、いつものようにハーゲンダッツでアイスクリームを買って食べました。シングルカップ210RS(420円)、いやサービス税とVAT(付加価値税)12.5%がついて297Rs、いまや500円です。たかっ。空港でも税金とられるんだ…。
 20:30発、JAL740便はほぼ満席でした。機内食サフランライス付きのバターチキンで、日本ナイズされていない直球の辛さに感激です。さすがインド発。フライト6時間45分はちょうどケイが眠ってくれるので楽勝です。「左手に知多半島、その先には富士山が見えます」…。朝焼けの日本、ただいまー。
 午前6時50分、成田に着きました。シーン、ガラーン、です。いいんだろうか、一国の首都の空港として早朝とはいえ、こんなに人がいなくって。でもきれいなグレーのカーペットに感動、ゴロリンコしたくなりました。ケイ、いくらでも転がっていいぞー。デリーの空港ではケイが座り込むたびに「キタナイッ」「ヤメテッ」と声をあげていたのがウソみたい。一緒にデンぐり返ししよっかー。子どもか。
 スーツケース3個のうち2つは福岡の姉宅へ送り、1個を転がして京成バスで東京駅へ。1000円。スーツケース&青鼻モンスター連れで電車に乗る勇気はなく、スーツケースにケイを座らせてゴロゴロゴロー、有楽町MUJIまで。古巣の盟友ガクサンと2時間、MUJIにある遊び場でケイを遊ばせつつ森羅万象トークです。はー、生き返った。立場は変われど、ガクサンのような友達がいる人生で本当によかった。
 と思ったらケイの姿がありません。日本だから大丈夫ー、と余裕をかまして探したのですが売り場を3周しても見つけられません。おかしいな、1階に行ったか…。ちょっと焦り始めた時、MEAL MUJIのガラスの出口の向こう、ごった返すカフェのお客さんの谷間、はだしのまま(遊び場が土足禁止だったので)、ニコニコ立っているケイを見つけました。ひー、なにしてんのー。
 ガクサンと別れて渋谷へ。翌日に控えている「1日ショコラティエ@田園調布」イベントのラッピンググッズを買いにパルコ本館へ突入です。渋谷(しかも東急が改装中でますます訳わからん)に、豚児&スーツケース連れで大丈夫か…と思いましたが、あれ、へっちゃらです。え、週末の渋谷って、こんなに静かだったっけ…。確かに人は多いけれどみんな、整然と歩いているし(あのスクランブルでも整然に見える)。うわー、おそるべしインド経験。

  • -

☆ 「1日ショコラティエ@鹿児島」を2月1日(日)15:00〜、天文館のマルヤガーデンズで開きます。詳しくはコチラ→http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20150112
☆「1日ショコラティエ@北九州」は2月8日(日)です。詳しくはコチラ→http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20150110

  • -

☆拙著「パリのチョコレート レシピ帖」はおかげさまで増刷されました。日本図書館協会選定図書にも選ばれました!いよいよチョコレートのシーズンです。熱烈よろしくお願いいたします。

パリのチョコレート レシピ帖

パリのチョコレート レシピ帖

  • -

☆初の翻訳本が発売されました(Kindle版もあります)。

パリの小さなキッチン

パリの小さなキッチン

広告を非表示にする