1日ショコラティエ@田園調布(上)

帰国した24日の夜、祐天寺の東急ステイに一泊しました。静かで東京の宿としては広いし洗濯機もあり(今回は一泊なので使いませんでしたが)、なかなかよかったです。25日は翌朝、田園調布へ。駅前のそこはかとなく上品スタバでそこはかとなく上品な本日コーヒーを飲み、そこはかとなく上品スーパーでそこはかとなく上品なとちおとめとそこはかとなく…ってしつこい、ハーゲンダッツのヴァニラアイスを書い、R子さん宅へ。「なんで人いないのー」。田園調布の風紀を乱す大声で丁稚ケイがのたまいます。「日本だしねー」と超級ざっくり説明をしますが、これが日本スタンダードなわけないか。
R子さんとおしゃべりしながら準備します。お邪魔してイベントをさせていただくのは2年ぶりでしょうか。今回は定員6名のはずが結局、無理をきいていただき8人×2回で16人に。薬膳師である彼女はいつも、スーパーアシストしてくださって頼もしい。
正午からは9人でテーブルを囲み、ボンボンづくりです。1人は3年ぶりに会う小学1年生のMちゃんで、すっかりレディーになっていました。生クリームとチョコレートを混ぜるたびに声をあげ、指をなめて味わい…と、楽しんでくれている姿が何ともうれしくて、かわいくて、ドキドキしました。「作る」ときめきを伝えられること、何てうれしいんだろう。名古屋から京都のアトリエに何度かきてくださっていたY子さんとは4年ぶりでしょうか。京都でかき氷店5軒(だったかな)をハシゴするツワモノは「東海道新幹線上は行動範囲ですから。インドまで粉遊び、行こうかな、ふふふ」と、余裕の笑みを浮かべるのでした。がっつり待ってるよー。
池袋で週1回、カフェを開くNさん、ハワイの友S子さん、はじめましてのMさん…心から感謝します。冬の木もれ日に包まれて、何とも言えずあたたかな気持ちになりました。

  • -

☆ 「1日ショコラティエ@鹿児島」を2月1日(日)15:00〜、天文館のマルヤガーデンズで開きます。詳しくはコチラ→http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20150112
☆「1日ショコラティエ@北九州」は2月8日(日)です。詳しくはコチラ→http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20150110

  • -

☆拙著「パリのチョコレート レシピ帖」はおかげさまで増刷されました。日本図書館協会選定図書にも選ばれました!いよいよチョコレートのシーズンです。熱烈よろしくお願いいたします。

パリのチョコレート レシピ帖

パリのチョコレート レシピ帖

  • -

☆初の翻訳本が発売されました(Kindle版もあります)。

パリの小さなキッチン

パリの小さなキッチン

広告を非表示にする