鹿児島で「白熊」ご本家へ

 福岡・久留米の姉宅から240km、姉の運転で鹿児島へ。九州道熊本県警の覆面パト登場、スピード違反でロスタイムにもかかわらず3時間余りで到着しました。近いなー。免停まであと何点だったっけ…と、うなだれる姉を尻目に感嘆です。山を突き抜けるトンネルってすごい。
 出張先に向かう姉とは繁華街・天文館ですぐ別れ、3男児の相手です。イオンモール鹿児島まで行けば室内遊び場があるようでしたが、バンコクでもどこでもあるし、せっかくの鹿児島、4人で「かごしま水族館」へ。水族館なんて久しぶりです。大水槽を泳ぐ魚群が神秘的で見とれましたが、ジャリンコチームはどうでもいいようで、小さい水槽の前に張り付いて水中カメラを動かすのに夢中でした。閉館まで4時間、たっぷり遊べてほっ。でもやっぱりヘトヘトです。3歳の丁稚ケイはもちろん、小3のユウリョウもまだまだ危なっかしい。
 鹿児島市内は初上陸ですが、道路が広くて歩きやすいし、海も近いし桜島も見えるし最高です。さすが南国、それほど寒くないし…と、夜は大好物のかき氷「白くま」の元祖「天文館むじゃき」へ。4階建てのフロアごとに居酒屋、食堂、喫茶が入っています。どことなく難波にあった「くいだおれビル」をほうふつとさせます。どこの階でも白熊がいただけるそうで、私は黒豚と錦糸卵、鶏そぼろがのっかった「わっぜえか丼」というのにしました。私のヨミはかなり正しく、くいだおれ的な味わいです。ベビー白熊でもその大きさに姉はびっくりしていましたが、いやいや、かき氷なんて赤ちゃんの頭ぐらいなくっちゃね。本家の白熊には底に煮た白豆が2,3粒、潜んでいたのが発見でした。なるほどー、白あんのようなノリか。510円。
-
☆「1日ショコラティエ@北九州」は2月8日(日)も満席となりました!ありがとうございます。2月14日(日)は1日ショコラティエ@インドです。詳しくはコチラ→http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20150130/1422617638

  • -

☆拙著「パリのチョコレート レシピ帖」はおかげさまで増刷されました。日本図書館協会選定図書にも選ばれました!いよいよチョコレートのシーズンです。熱烈よろしくお願いいたします。

パリのチョコレート レシピ帖

パリのチョコレート レシピ帖

  • -

☆初の翻訳本が発売されました(Kindle版もあります)。

パリの小さなキッチン

パリの小さなキッチン

広告を非表示にする