豪華キャスト&停電

 粉遊びの会@バウムクーヘンは26日、デリーに住む女子の97%が知っている(推定値)お2人が来て下さいました。アロマグッズなどの制作・販売を手がけるクラナ京子さんと、人気ブロガー「Blue Lotus」さんです。ぜいたくー。
 ベイキングシートから生地をはがす際に出るくずでさえ、もったいない。バター、薄力粉、特細目グラニュー糖…どれもこれも日本からまさに、汗水たらして運んできましたから。「こまい(小さい)のも巻き込んでやって。仲間に入れてくださいー」というと、Blue Lotusさんがクスリ。彼女の出身地・博多でも言うそうです。岡山出身の私ですが就職してからというものローリング・ストーン歴20年超え、どの時代から言うようになったんだろう。住まう先々で中途半端に言葉を仕入れているため、よく分からなくなってきました。岡山でも「こまい」いうよねえ。
 ちゃっちゃっと手際よくバウムを作ってくださり、お見送りしてから翌日分の準備をし、丁稚ケイを迎えに。買い物を済ませてから午後6時半、帰宅すると、台所だけ暗やみでした。ええー。冷蔵庫がー。ブレーカーが落ちたままでした。レバーを何度上げてもバタンとすぐ落ちてしまい、復旧しないのです。慌てて別の冷蔵庫に食材を移しましたが、灯りはつかず、修理はなかなか来ずガクッ。
 2時間後に来た修理は管理会社スタッフとアパートのサービスマンと、ダブってやってきました。どっちかでいいのではよ来てやー。そして後から来た管理会社スタッフはまたバンバン、電源を落とし、危うくモトのもくあみに。ククー。
 とりあえず冷蔵庫と灯りはつくようになりましたが、ガスがつかないままです。レッスンはあるし、週末に大きなパーティーがあるというのに、何も仕込めません。こまった。はぁ、と最近の木魚的存在、コーヒーミルを取り出し豆を投入、無心でまわします。ガリガリガリガリー。ああ、気を落ち着かせよう。

☆「パリの晴れごはん」発売中です。ぜひぜひお手元に!

パリの晴れごはん (パリ レシピシリーズ)

パリの晴れごはん (パリ レシピシリーズ)