アメリカン・エンバシー・スクールへ

 ヒンドゥー教のお正月に当たるディワーリーを11日に控え、どこも日本の歳末商戦よろしくセール中ですし、学校などを会場にメーラーヒンディー語で「お祭り」)もさかんです。実は滞在3年目にしてこの時期、インドにいるのは初めてなのですが。
 学校訪問を兼ねて1日、デリーのチャナキャプリにあるアメリカン・エンバシー・スクール(AES)で開かれたメーラーに行きました。アメリカ大使館内にあって生徒数は幼稚園(KG)から12年生(高3)まで1400人、学費の高さでも知られています。幼稚園(KG)と小学校の初年度納付金をHPでみると、給食込みで42680USドルです。え、ゼロがいっこ、多くね?と思わず電卓をたたき直してしまいましたが、だって幼稚園で年間500万円強っていったい…。しかも年間授業日数は180日、って年の半分で、ということは1日あたり2.7万円か、てことは1コマあたり…ってもうやめよう、ひゃー。MBAも医学部も顔負け、いやそれ以上でしょう。さすが世界の一強、ってことでしょうか。
 入場料250ルピー(500円)を払って腕輪をもらい、キャンパスに入りました。確かに広くて大学みたいです。5.2ヘクタールもあるそうです。が、まだまだ日中は暑いー。何も買わずに退散しました。
 アメリカ大使館の隣はイギリス大使館です。両者のすぐ裏手に結構、広大なスラム街がありました。どこのテントにもパラボナアンテナが立っています。日本でいえば赤坂か麻布にスラムがあるようなものでしょう。各国の大使館が並ぶチャナキャプリで10年、働いていた運転手サンジーブさんによると「米英が彼らに寄付をしている」ということですが、インドらしいな。

 ☆11月21日(土)に岡山の「pieni..ecole+cafe」、11月23日(祝)は大阪・なんばパークス産経学園でイベントを開きます。ぜひいらしてくださいませ。詳しくはコチラ→http://d.hatena.ne.jp/oshirase/