大阪・なんばパークス産経学園でラストイベント

JR播州赤穂線で大阪へ。実家近くの長船駅から2時間27分です。新幹線だと在来線を乗り継いで1時間48分です。その差40分をどうみるか‥。今回は岡山駅まで逆走するのが心理的にもったいないうえ荷物が多く、3連休の混雑が怖い。在来線にしました。
イベントの場所・なんばパークスも混んでいました。お茶してから準備しようと思えど、どこも行列です。しかたなく塩屋さんの雪塩ソフトクリームでのどを潤しました。380円。塩がアクセント、私は好きです。
なんばパークス産経学園で定期講座を開いたのは2009年です。毎年恒例のパリ旅行に同行くださったリサさん母娘と出会った大切な場所です。東京、そしてインドと住まいは変われど年に1、2回、必ずお声がけくださり、講座をさせてもらっていました。参加のみなさまも忘れずにいてくださり、わざわざ滋賀や岡山から来てくださる方もいました。学園が来年1月に撤退することになり、今回が最後になりました。
すごいのは毎回、当日キャンセルがゼロ、遅刻する人も皆無だったことです。たいていどこでもキャンセル・遅刻はあるものですが、大阪の女性たちは本当に時間をやりくりして、人生をしっかり楽しんでいて、さらに律儀でした。
今回はパークスでは最終回ですので卒検と称して「パリおやつ旅検定」をしました。15問ですが、難しかったかな。
最終回だから常連の方が多いかな‥と思っていたのですが、はじめましての方も半数ほどでした。インドで働いていたK子さん、「パリのおやつ旅のおやつ」に出てくるお菓子はすべて作ってくださったというM子さん&K子さん姉妹‥。本当に感激です。パークスでの会は終わりますが、ご縁はずっとずっと続きます。もっとお話したい、と思う気持ちがある限り。出会えたみなさま、心からの感謝とビズを送ります。またまたパワーがみなぎってきました。新たな展開、ドキドキワクワクして考えよう。