月刊Chalo!3月号

 インド初の無料情報誌「月刊Chalo!」連載のコラムは3月号、ジムでナンパされた「宗方コーチ」(トレーナー)の話を書きました。1時間3000円の強気価格、結果にコミットする…らしい某ジム並みじゃないでしょうか。「500Rs(1000円)以上は払えん」というと、あれだけしつこかった電話もピタリとやみました。元通りというか結局、1人でトボトボよたよた、トレッドミルで走るだけになっています。
 3月、4月になると世界各地で来シーズンのマラソン大会のエントリーが始まります。どこに応募しようかな、と考えるのはワクワクします。狙っていた仏・メドック(9月10日)は日程的に厳しく、日本の大会は抽選に当たらないとダメだし…。とりあえず3月13日に開かれるコカコーラ・グルガオンハーフ(まさに地元)、そして4月は韓国・慶州さくらマラソン(福岡から高速船で)でフルにエントリーしています。エントリー=出られるとも限らない(この道楽には子守が必要)のですが、なんとか出られたらいいなあ。
 

パリの晴れごはん (パリ レシピシリーズ)

パリの晴れごはん (パリ レシピシリーズ)