モロヘイヤ・レタス・空芯菜・いぼいぼキュウリ

 デリーとグルガオンのさかいめ、スルタンプールにある日本人御用達の通称「ストロベリーファーム」へ。もう日中は42℃です。ハエにたかられながら青果店で買うか、ファームでギンギンギラギラ太陽の下、あぜ道を歩いて野菜を選ぶか…。ファームも朝の復路(丁稚ケイを学校へ送った帰り)に寄れたらいいのですが(日の出から日没までオープン)、車を相方にリリースせねばならず、いつも午後になってしまいます。
40°C超えの夏には「どうせ何もないだろう」と、寄り付きもしなかったファームですが、あにはからんや、いろいろありました。期待値が低いと幸せ度が反比例する、とのインド方程式をかみしめます。ネギ、セロリ、空芯菜、モロヘイヤ、ニラ、ちゃんとイボイボがあって痛そうなキュウリ(インドのキュウリはつるつるお肌で味なし)…。裸足のバイヤー(お兄さん)に勧められるまま、カゴに入れてもらいます。当たり前ですが畑からとりたて、産直ゼロ秒なので元気満々なのがうれしいです。「ジャパニーズカボチャ」と言われ、ホンマカイナ、と半信半疑で小さめの1個も手にしました。パッパッと棚からミントをひとつかみ、転がった玉ねぎもいただくわー。レタスは畑で私が選びました。ミニトマトも買い、しめて570ルピー(1000円)です。やっぱりいつも行くグルガオンの青果店Mandiに比べたら高級ですが、この季節はありがたい。「買うまでに時間がかかる」と敬遠していたファームですが、ムダに待たされたりはしないので、やはり重宝です。
 買って来たらさっそくレタスをむしゃむしゃ、うわあ、シャキシャキしているのに舌ざわりがやさしくて、甘いー。感動しました。「カボチャ」はガクッ、ハズレでしたが、まぁいっか、そのほかはOKでしたので許そう。いぼいぼキュウリもまた買おう。
 Tej Farm (通称 Strawberry Farm) Farm No,1 Sultanpur Farms, Gadaipur, Mehrauli, New Delhi