プーケット国際マラソン出走記<中>

 高級ホテルが立ち並ぶリゾート・ラグーナビーチを午前4時半、スタートしました。リゾートマンションへの投資を呼びかける看板はロシア語と中国語ばかりが目立ちます(日本語は皆無)。ニューリッチ、ここでも強いな。もはや張り合わない国のショボいランナーは9km地点で簡易トイレへ。ちゃんとしたのがあってよかった。
 1時間ほどで夜明けを迎えました。沿道は田んぼや国道ばかり、給水所のほかには応援の姿もなくてちょっとさみしい。19km地点でようやく海際へ。ザッバーンと波音が聞こえて気持ちよく、ちょっと元気になりました。
 ハーフ手前からは歩く人ばかりになりました。5時間台ペースだから仕方ないのですが、日影もなくなり、炎天下です。うう、つられて歩きたくなります。モチベーションが…。もうちょっと走ろうよ。とはいえ私も30km地点あたりでギブアップ、とうとう歩いてしまいました。「にほんじんですか」「はやいですね」。タイ人ランナーに日本語で話しかけられ、ちょっと和みました。また走ろうっと。1キロ7分台ペースですが最後まで走り切りました。5時間29分35秒、ホノルルマラソン並みの遅さです。とはいえ後半、もたもた歩くだけだったホノルルよりは走れたし、30km地点から150人抜きだったし(順位をみると)、よしとしよう。よかった、走りきれたー。