アメリカン・エンバシー・スクールのサマープログラム

 先週から始まったアメリカン・エンバシー・スクール(AES)のサマープログラムへ丁稚ケイを送り出しています。3月から通っているザ・ブリティッシュ・スクールの隣で、8:30〜11:50まで、AES以外の子も通えるのです。3,4歳、5,6歳、7〜9歳、10〜13歳、14歳以上と5学年に分かれ、好きな科目が選べます。とはいえ申し込み開始日にPCに向かったのですが、スタート時間から半日出遅れ(日本に帰国中で忘れていた)、人気のある水泳や体操が含まれるオプションはすでに満席で締め切られていたのでした。すまん。そのためケイが入れた科目はいかにも地味な(失礼)クラスでした。1時間目は「算数」2時間目は「人形づくり」3時間目は「読書クラブ」です。人形なんか作るタマかー、と思ったのですが、何だかそれなりに楽しんでいるようです。キャンパスは広くてカフェも朝から営業しているし、ドーナッツも1個50ルピー(90円)と学食価格でまぁまぁおいしいし、よくパンフレットをみたら「14-Adult」とあるから、私も交じってよさそうです。ヒップホップに英語、ジャーナリズム、ズンバ…と、ちょっとしたカルチャー講座がずらりで、ちょっと面白そう。来年以降は参加してみようかな。日本のアメリカンスクールのサマーキャンプに比べたら断然、安い(1日3時間半×20日で4.1万円。日本だと六本木で1日5時間×8日、11万円)ので、ケイは少なくとも毎年参加決定です。
 1セッション2週間が2回あり、ケイは4週間通います。午後からは2月まで3年近く通った古巣のプレスクール・IDAに転戦、夕方まで遊んでいます。いまはまだIDAに通えますが、来年以降はまた考えないと。サマープログラムが午後までしてくれないかなあ。