ヒロさんお手製タイ料理

 南デリーにあるヒロさん宅へ。Mさんの送別ランチ会にお呼ばれしたのでした。幸か不幸か引っ越しもできずモヤモヤ待ちぼうけの日々、ある意味、余裕しゃくしゃくです。送別会に呼ばれるってめったにないし、あったとしても失礼することが多かったので、タイミングがあってうれしいな。
 専業主夫3年目のヒロさんがタイ料理をふるまってくれました。ソムタム(青パパイヤのサラダ)ってこんなにおいしかったっけ。ヤムウンセン(春雨サラダ)、ガイヤーン(焼き鶏)、カオクルックガビ(エビ風味のタイ風ビビンバ)もシェフの人柄そのもののやさしい味わいです。デザートの抹茶のケークまで、お腹が空いていなかったのに完食してしまいました。どれもしみじみおいしく、ひもでしばられて市場で売られている上海ガニ状態の心とカラダにしみわたりました。麺もパンもお菓子も自作し、タイ料理もお手の物、すごすぎます。
 大阪のど真ん中で育ったMさんはチャキチャキしていてひまわりみたい。帯同でやってきたもののインドで就職、家族は先に帰国しましたが1人、残ったそうです。「再び働くためにもインドで就職したかった」。すばらしいっ。私も頑張るー。ちょうどいいリフレッシュになりました。ご縁に心から感謝します。