いますぐムンバイに飛んで行きたい

福岡の姉たちが来る前になんとか、だいたい片付けないと‥という締め切り感もあり、土曜日はインド走友会サタデーランからもどるとダッシュで片付けです。床が何とか、見える状態にはなりましたが、ぶちまけていた荷物がとりあえず、垂直移動しただけよような。注文していたテーブルも作業台ワゴンも届いていないので、キッチンが本格稼動するまで、やはりあと1週間はかかりそうです。
自前ハンドキャリー引っ越しの結果、まあ予想していましたが、壊れたり、消えたりしたものがあります。オーブンの庫内温度計、仏アルザスのテリーヌ型‥大学3年のころドイツをひとり旅して買い、もう25年も愛用していた寸胴鍋が心理的には最痛恨ですが、冷蔵庫といった大物を守ってくれるために人身御供、いや鍋御供になってくれたと思おう。いったいどこへ行った。
反対に思いがけず手に入り、ウハウハしているものもあります。無印良品のアロマディフューザーです。相方ユウサンがムンバイにオープンしたインド初のMUJIの内覧パーティーでいただいて来ました。こういうのって自分では買わないけれどもらうとうれしい花束みたいなものです。当たり前ですがインドのコンセント対応なので、変圧器をかまさなくてもいいのもうれしい。さすが無印、気が利いています。それにしてもノー無印、ノー引っ越しというか何というか。どこを回ってもゴミ箱ひとつも欲しいものがないし、いますぐムンバイに飛んで行ったほうが早いわ、ホント。