モノが少ないからこそ

 粉遊びの会@ロールケーキは6日、2回目でした。いつもうっかり説明し忘れるのですが、ラッピングに使っているオーブンペーパーは「ブラノパピエ(ブラノパック)」というブランドです。ドイツ製で、パリの料理学校時代から愛用しています。オーブンペーパーとしては私の知る限り最優秀で、何度も洗って使えます。最初の本「パリ砂糖漬けの日々」でも、本の帯のモチーフにしてもらい、思い入れもあります。ロールケーキを包むだけなんてもったいない、また使ってほしいと思います。日本でもなかなか手に入らないし、いわんやインドをや、です。まともな機能が果たせるオーブンペーパーなんてそもそもないので。
 レッスンに来てくださったA子さんが教えてくれました。「以前、チカコさんちで出してくれた、木の箱、アレ、蒸しケーキの型として、ずっと使っていますよー」。ああ、「パニムール」だな。フランス製のポプラの焼き型で、パリのパン屋ではフツーに使い捨てトレーとして使われていますが、日本では雑貨屋に並ぶほどです。東京・合羽橋でごっそり買ったものをインドで使ったのですが、蒸し器にかけられるんだー。「薄いから反ってきてはいるけれど、大丈夫ですよ、何度も使えます」。へー、思いもしませんでした。でも、よく考えたらセイロも竹だものなあ。
 こういう話を伺うと、食材&包材調達にエンヤコラしている身がすくわれて羽が生えるんだな。レッスンを楽しめるだけでなく、幸せが波紋のように広がっていくような場にできたらいいなと思います。
 ☆粉遊びの会はキャンセルが連日、出ておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。8日現在で9日(金)、16日(金)に空席がございます。どうぞいらしてくださいませ。詳しくはコチラ→http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20160819