最愛KURUME・ジェラート

 キャリア教育に携わる姉の運転で久留米大学へ。書類の山の研究室で朝、添削をしていたら「トントン」とノック音が聞こえました。「来とっちゃとないかと思って」と、パン屋「パン・ド・キュイソン」のクリーム入りパイ(ケーニヒスクローネの「クローネ」みたいな)を差し入れしてくれました。わあ、元気が出ます。
 添削をあらかた済ませてテクテク、予約していた歯科医へ。またしてもテクテク、久留米駅前で買い物をしてテクテク…。足がないので買い物にも限界があります。くじけそうになりますが、ココで買わんと半年後、と奮い立たせます。
 何としても寄りたかったのは最愛の「KURUME・ジェラート」です。いつも変わらぬ丁寧な応対、心映えのする味わいは変わりません。いつもはシングル派なのですが、腹ペコだったせいもあってダブルで、しぼりたて久留米みるくと抹茶にしました。ワッフルコーンで450円。横取りされることもなく、心置きなく堪能できて幸せです。
 夕方にまた大学へ。ヘトヘトになりながら添削しました。さあもうひと踏ん張りです。