12月はサンタの靴下お菓子とシュトレン茶会&ブッシュドノエル

 インドで踏ん張る美容師・徳見さんと話すと気付きも多いのです。昨日は「インドだから(仕方ない)と言いたくない、でも…」という話になりました。徳見さんも涙ぐましい努力をされて毎回、日本から薬剤やマネキンを持ってこられています。妥協したくないけれど、どうしても無理なことはある、そこが悩ましい…と。ウンウン、分かるなあ、とカット中の頭を振る迷惑な私です。あきらめるのはカンタンですが私の場合、知ってしまった舌がノーというので仕方ない。えっちらおっちら世界中から食材を調達するのでした。
 クリスマス向けのレッスンとして来月、2パターンをご用意させていただくことにしました。1日ずつお菓子を詰めたアドベントカレンダーを作ろうかな…とも思ったのですが、いやいや待て待て、こちとら昭和の日本育ち、やっぱりサンタさんブーツといちごのケーキでしょう。クリスマス近くには一時帰国してしまう方も多いので、日持ちするお菓子バージョンで手作りを楽しんでほしい、との思いも込めました。頒布会にしようかと思いましたが、最後のラッピングを仕上げていただきます。それだけでも世界で一つだけの贈り物になるはずですから!上手ヘタ、なーんにも関係ありません。ぜひいらしてくださいませ。
 詳しくはコチラ→http://d.hatena.ne.jp/oshirase/