デリーの園芸店へ<下>

 予約のとれないインド料理教室「Blue Lotus」で教わった情報をもとに、デリーの銀座・カーンマーケットへ出かけました。園芸店なんてあったかなあ、と思いつつ周囲をグルグル…、あったありました。「KAMAL NURSERY」です。道ばたに鉢を並べているだけの店しかみたことがなかったので、ちゃんとした店構えにみえます。まずは季節柄というわけでポインセチアを発見、でも食べられないものはスルーだスルー、と言いつつどんどん中へ入りました。何かハーブはない?と訊くと、出してくれたのがオレガノ、タイムの苗です。1ポット100ルピー(160円)です。パセリは1ポット20ルピー(320円)で、これもついでにお買い上げです。ちゃんと育つとありがたいなあ。
 「クリスマス」と指さされたのはモミの木でしょうか、2メートル近い鉢がありました。クリスチャンでもないのにツリーを飾るのってどうよ、と小さいころから思っていましたが、よく考えたら相方ユウサンの実家はクリスチャンなのでした。丁稚ケイも喜ぶし、理由も転がりこんできたし、現金難のいま、デビットカードもOKだったし…と、腰丈ほどの鉢植えを買いました。650ルピー(1000円)。食べられもしないのに高いなあ。すべての基準は食べられるか否か、なのかっ。

☆ブッシュドノエルの会は満席になりましたが、サンタの靴下お菓子とシュトレン茶会はお席がございます。ぜひいらしてくださいませ。詳しくはコチラ→
http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20161119