コショウの国のはずが

ピンクペッパーが味も形も好きです。拙著「世界のおやつ旅」で紹介しているデザート「いちごパンチ」をお客さまにお出ししたところ、アクセントに散らしたピンクペッパーが話題に。インドはコショウ産地のはずが、ピンクペッパーだけで売っていないのです。高級スーパーfoodhallでなら見かけますが、べらぼうに高くて手が出ません。君んちのものやろっ、と言いたくなります。インド産のカシューナッツもインドで買うのと日本で富澤商店で買うのと大差ないか、むしろ富澤のがしっかりしたパッケージを考えたら安い気がします。コショウは昔は通貨だったし、いいものは輸出に回すせいでしょうか。行くところに行けばきっと、あるのでしょうけれど…もしくはケララとか、南インドまで行って買い付けるか。
ピンクペッパー、そんなわけで私はパリで買って帰ってきています。百貨店ギャラリーラファイエットのメゾン館にできたスパイス店「La route des Indes」です。インドから来ているのに「インドの道」という名の店で買うのが、ちょっと複雑…。量り売りしてもらい、60g入りで10.9ユーロ(1300円)でした。

広告を非表示にする