シュトレン茶会と茶色の親指姫

 シュトレン茶会と称して、手製のクリスマス菓子やサブレ、ロールケーキを召し上がっていただきました。ベランダにおいてあるハーブの鉢をみやったYさんが言いました。「ちょっと、残念…」。うう、デリーのカーンマーケットにある園芸店で先月末、買ったハーブたちがいっこうに育っていないからです。あまり注意を払っていなかった私がいけないのですが、ハウスキーパーのやる水で鉢が大洪水、毎日あふれんばかりだったのでした。愛情込めてやってくれているのですが、どう考えてもやりすぎー。翌日には「水、半分で」と頼みましたが、すでに時遅し、か。何もかも枯らすブラウンサム(茶色の指)からは、キーパーがいても脱することができない…のかっ。
 インド最強ブロガー・Blue Lotusさんも茶会にいらしてくださいました。博識なのにえらぶらず、学ぶ姿勢を忘れず、かわいらしいのです。見習おう。私もインプットしていこう。おしゃれなYさんは今年、いろいろ大変だったそうですが気丈で、冗談めかして言ってくれました。「でも、多田さんに会えたからよかった」。そう言ってもらえて、じんとしました。ますます喜んでもらえるよう精進します。
 Blue Lotus→http://neelkamal.exblog.jp/