インドで初フレンチ

 デリーの台所・INAマーケットで煮しめに使う絹さやを買ってから、いそいそとデリーの田園調布・ディフェンスコロニーへ。「ル・ビストロ・デュ・パルク」というフレンチがお目当て…いやF子さん、Sさんの元CAさんコンビに会うのが目的です。その名の通り公園…というか緑の広場が目の前で、外を眺めながらの晴れた冬の昼下がりです。前菜はチーズスフレ…を頼んだはずでしたが、ちょっと違うものが。「アスパラのリゾット」はアスパラというよりグリーンピースのリゾット、メーンは羊のコンフィとありましたが、コンフィというより煮込みのような…まあ細かいことは言いません、インドだし。街角の洋食屋さん的なノリで、どれも会話を邪魔しない程度においしかったのでした。
 デザートはクレームブリュレにしました。これもブリュレにしては皿が深い…ま、これは日本でも時々あるからOKです。アメリを気取ろうにもカラメルがカチカチで、凍った池でのワカサギ釣りのようにスプーンで掘りほり、ようやくクレームにたどり着いたのでした。
 お2人とも気配りが上手で甘えてばかりです。見習いたい。心地よい時間を過ごせました。1人2200ルピー(3700円)ぐらいでした。いい気分転換になりました。
 Le bistro du parc→http://www.lebistroduparc.com/