おせち部の大みそか

おせち部と称して大みそかの31日、インド年越し組16人でお料理ワケワケ大会をしました。お子ちゃまたちを入れると総勢20人、みんなインドから脱出しているようですが、いる人はいるなー。当たり前ですが。なにせインドはフツーの土日、そもそも土曜出番の会社も多いのです。来てくれたTさんは仕事を抜け出して来てくださいました。7年連続インドで年越しをするのはF子さんで、やはりパートナーの方の休みは明日だけなのだとか。日本だって、働いている人は働いています。人が休んでいるときに働くのって快感なんだよねー。私も新聞社時代からずっと盆暮れ正月、稼働している側なのでした。
おせち部のために仕込んだのは10品です。飛切りサイズの黒豆、数の子&イクラ、煮しめ(かんぴょう、レンコン、里芋、ニンジン、絹さや、高野豆腐、干ししいたけ)、ナッツ田作り、紅白なます、栗きんとん、昆布巻き、伊達巻き、ローストビーフ、かまぼこ、そして「あずきろーる」です。材料は手元にあるだけ、買い足せないのでインド調達できる野菜はたっぷり、昆布巻きなんて一個ずつで申し訳ないっ。おまけに計り間違えて回収してもらうテキトーっぷりでしたが、まさにワケワケ・スピリットでまるーくおさまった、はず。
年越しそばは新潟・十日町のへぎそばに、ヤマイモの天ぷらをのせました。こういうの、いいよねえ。ひだまりのなか、あたたかい年越しになりました。よいお年を、と言い合える幸せをかみしめます。ありがとうございました。