そういうことは最初にどうぞ

住まいの向かい側にオフィスビル「ワン・ホライゾン・センター」「ツー・ホライゾン・センター」ができました。25階建ての2つのタワーが開放的な広場でつながれていてアメックスやサムスン、コカコーラ、Uberなど名だたる外資系企業が入り、赤坂とか汐留あたりにあるオフィスビルみたいです。広場を囲むようにレストランやカフェ、しゃれたフードトラックも並んでいます。インドじゃないみたい。
歩いても行ける距離ですが工事中の道なき道を渡らねばならず、目の前にありながら足を踏み入れていませんでした。遅まきながら最近、初めて入りました。「カフェ・トニーノ」で5人、10月に開いた日本人会(インド生活サポートグループ)カレー講座の打ち上げです。ピッツァに前菜、パスタにリゾットにサラダ…と、一通り頼んでからワイワイ話していたら、スタッフがやってきました。「ノーパスタ」。きょうはすべてパスタがないそうなのです。イタリア料理店で12:00、パスタがないなんてありえない、などと5人のうちだーれも言わないのが、インドのベテランぞろいを物語ります。どうして注文前に言わないのか心から不思議ですが、こういう「なら最初に言え」と叫びたくなる事象がしょっちゅうありすぎて慣れてしまいました。高額紙幣廃貨がその最たるものだなあ。注文を厨房に通してから「ゴメン、きょうパスタないわ」となるのかな。ほーれんそう(報告・連絡・相談)なんて100万光年のかなた、なんだろうな。いや、会話を邪魔しない程度においしかったんですが。

広告を非表示にする