デリー〜香港、マラソン1泊旅<3>

 香港のスーパー「C!ty'super」でフランス産バター、日本の納豆、偏愛ポテチの「KETTLE」(マルドンのシーソルトフレーク味!)などを手にして戻る途中、業務用らしきお菓子屋さんを発見、クルミや杏仁豆腐に使う北杏、南杏を買いました。香港に通っていた20〜30代のころは激安化粧品店「SaSa」にまず突入していたなあ。自分で遠い目をしてしまいますが、ステージが変わったということでしょう。
 えっちらおっちら、26階の宿泊先に戻ってビックリしました。「おかえりー」。5歳の丁稚ケイが満面の笑顔で、狭い部屋で自転車に乗っていました。「時間もあるし、自転車を買ってやって」と相方ユウサンに頼んではいたのですが、まさか組み立てているとは。「どうしてもいま乗りたいと言われたから」。脱力しました。どうやって持って帰るんーっ。「だって乗りたいって…」。「そのまま空港に持っていったら何とかしてくれるだろう」とのムチャ発想、ちょっとマイルのステータスがあるからってあり得ません。アラブの石油王かっ。頼んだ私がアホでした。買って来たのが歩いて行けるトイザらスでよかった。分解してもらわないと。
 丁稚ケイを連れ、自転車をおして「トイザらス」に戻りました。解体してもらえそうですが、箱などはもうないとのことです。どうやって持って帰ろう。待っている間に考えながら夕食にしよう。「カレーかラーメン」とケイは言います。ククー、せっかく香港に来たのにと思いつつ、同じビルにあったラーメン屋「武蔵」でつけ麺にしました。79HKドル(1200円)。
 バラバラになった子ども用自転車を担いで向かいのIKEAに突入、青いデカバッグを手に入れて何とか納めました。このままでは預けられそうもありませんが、この先は空港で何とかしてもらおう。けっこう寒いのに汗だくになりました。フルマラソン前、なんでこんなにヘトヘトにならんとアカンのー。