デリー〜香港、マラソン1泊旅<5>

 香港マラソンはコースのほとんどが高速道路です。スタートして1km〜40kmまでランナーだけのストイックな世界です。ふたつの吊り橋を渡り、トンネルを抜けます。
アップダウンが多いうえにトンネル内は勾配がきつく、足底が斜めになってずれ落ちそうです。香港の人はタフだなあ。仮装ランナーは2人見かけただけ(サメの着ぐるみ)です。本当にはやーい。
 ここのところハワイ・ホノルル、韓国・慶州、タイ・プーケット、インド・ムンバイと海外マラソン続き(日本の大会は抽選で全敗)、ゆるゆる大会ばかりなせいもありますが、すごい。ガチでマッチョなオトコマエ大会です。どこまでも人に囲まれ、ペースダウンもできません。おかげで勢いに乗って走れました。
 40kmを過ぎて繁華街・コーズウェイベイに入りました。いままでの分を取り返してくれるような熱狂的な声援です。トラムからもバスからも「加油(カーヤウ)」の大合唱です。圧倒されました。この2キロのために走ってきたんだな。うるうるしました。
ビクトリア公園に入って全力疾走、4時間41分でゴールしました。順番待ちしたトイレでの小休止がなければ4時間30分台だったかも…と少し思いましたが、でもここ2年ではベストの記録です。やったー。走っても走っても5時間前後から5時間半でしたから、自信を取り戻しました。
 香港そのもののレースでした。パワフルで心地よく、いつのまにか元気をもらえる…やっぱり大好きだー。最高でした。また来よう。