インド岡山・鳥取合同県人会

 デリー圏に住む岡山・鳥取出身者が集まって19日、県人会を開きました。日本大使館で先月、開かれた賀詞交換会がきっかけです。デリー日本人会会長Oさんが「私は岡山出身で〜」とあいさつされたのです。なんと、それは捕獲(失礼)せねばと式典後に会場を探し回り、県人会にお誘いしたのでした。岡山がデリー在留邦人社会を牛耳っている(うそ)記念に、ここはフトコロの深いところをみせようと属国(うそ)鳥取にも声をかけました。「チカコサン、グレート・ジョブ!属国ってこうやってソフトに広げていくのが21世紀風ですよね」。コンサルYさんとの深謀遠慮を内に秘め、東京では物産館を共同運営し、Jリーグでも「陰陽ダービー」として隣県同士、盛り上がっているのにならってインドでも…とエレガントに呼びかけ、鳥取との合同開催となりました。
 デリー在留邦人No.1ゴルファーFさん、インドワイン博士のMさん、元・全日本けん玉チャンピオンのNさん…何ともタレントぞろい、豪華な顔ぶれです。けん玉のNさんの実家と私の母の実家は「備前市◎◎」まで一緒、おそらく2キロも離れていないでしょう。日本人会長Oさん宅と私の瀬戸内市の実家も7、8キロほどです。世界は狭いなあ。ドライブイン「大阪屋」に行くのが子ども時代の楽しみだったとか、カキオコなんか地元民的には評価しない、カキは「レンチン」がイチバンだとか、どローカルな話で盛り上がりました。