朝アウトレット、午後イオン、夜パッキング

デリーに戻る前日は午前中、酒々井プレミアムアウトレット、午後からイオンというパターンです。定宿・ホテル日航成田からアウトレット直行バス(片道350円)が出るのが9:20、戻りは11:40です。これを逃すと午後4時までありません。一時帰国者ゆえ免税が効くのですが、店によっては免税カウンターまで行かねばならず、ココでインバウンド客の長い列に遭遇、焦りまくった経験があるので要注意です。ここのところ落ち着いて来た感はありますが。
イオンモール成田の免税カウンターもいつも長蛇の列ですが、中国語、ベトナム語タイ語などを操るトリリンガルの店員さんがテキパキ処理してくれるので気になりません。パスポートを手にしたお客が買ったものを見るのが面白い。あまおうをダース買いしていたフィリピン女性も並んでいました。生鮮食料品も2年前から免税になったのです。でも消費税8パーセント全額が返ってくる店もあれば、手数料的にチャージされて5,6パーセントになるところも(百貨店に多い気が)。いずれにしてもネットで買うと免税にならないこともあり、なるべく買いたくないのですが…短い滞在、やはり多用してしまいます。イオンがホテルまで配達してくれたらなあ。
アマゾンなどで頼んだ荷物は前日までに届きました。段ボール箱から出してスーツケースに収めます。ドライアイスは毎回1キロ×5枚をこれまたアマゾンで注文します。インドまで少しでも長く持たせようと毎回、あれこれ試していますが、発泡スチロールの箱で届いたまま、冷蔵庫に保管…というのが一番、長持ちする気がします。出発の朝7時、保冷バッグに新聞紙で包んで入れますが、15時間後にグルガオンの自宅に着いた際に開けてもまだ小さいカタマリで残っています。品物もガチガチのままです。保冷剤なんていくら高性能のロゴスでも無意味です。その重量がもったいない。まだ紙パックのジュースを凍らせて詰めたほうがマシです。