機内持ち込み荷物のタグ廃止

インドの7空港(デリー、ムンバイ、コルカタバンガロール、ハイデラバード、アーメダバード、コーチン)で4月1日から、機内持ち込み荷物のセキュリティータグが完全に廃止されるそうです。よかったー。忘れんぼうのあわてんぼうである私、いままで何度、ミスったことか。航空会社のカウンターでタグをもらい忘れたことに出国審査の長い列の中で気づき、あわわわーと半泣きで逆走したこともあります。セキュリティーチェックの列に予備のタグが置いてあることもありますが、保証の限りではありません。
別の時にはX線検査を通した後、検査官がタグにスタンプを押し忘れ、ゲートでチェックする警備兵に「スタンプないやんけー」と足止めをくらいました。そっちが押し忘れたのにー、というのは日本人的性善説で、チェックしなかった側が悪いのです、インドの常識では。またはタグごとなくし、あわわわーとなったこともあります。雇用創出の一環としか思えなかったタグがなくなり、混雑も緩和されることを大期待します。無理か。

広告を非表示にする