いとしのベビースピナッチ

グルガオンで大人気のインド料理教室を主宰するアナンド信江さんが手がける元気野菜「コタドゥン・ファームズ(Kotadun farms)」で買ったベビースピナッチがおいしくてたまりません。やわらかいとは聞いていましたが、軸まで心地いい舌ざわりです。南部鉄器のフライパンで焦がしバターを作り、さっと炒めたら、ひと束あっというまに食べてしまいます。
そういえばフッ素樹脂加工のフライパンと縁を切ることにし、鉄鍋に切り替えています。フッ素樹脂って私の使い方がよくないのでしょうが、安くても高くても長持ちしないんだもの。確かに重いですが、お肉は香ばしいし卵焼きもふっくら、料理の腕が上がったかのような錯覚です。そのまま食卓にも出せるしオーブンにも入る、いうことなしです。