インド走友会ポンディシェリ合宿〜世界遺産マハーバリプラムへ〜

 最終日は朝4時起きです。大型リゾート「オーシャン・スプレー」を午前4時45分に出る…はずがバス運転手が寝坊、午前5時過ぎになりました。こういうの本当に期待通りだな。
 海沿いの道を北上します。めざすは80キロ先の世界遺産マハーバリプラムです。チェンナイ在住邦人のランニングサークルCMC(チェンナイ・マラソン・クラブ)前会長Hさんから声をかけてもらい、毎月1回、ここで開いているという定例ランに参加させてもらえることになったのです。集合は午前6時半、だいぶん遅れるか…と思いましたが5分遅れぐらいでよかった。
 直径10メートルもある巨岩「クリシュナのバターボール」(これは世界遺産ではないらしい)のふもと、CMC現会長のOさんたちに迎えられました。メンバーは15人ぐらいでしょうか。ノースリーブのそろいのTシャツがいかにも速そうです。「すげ〜」「まじか」。ビビる私たちです。なんだか中学校の部活で、隣の学校に行ったみたいな。
 デリーから来た私たちをOさんが出欠確認しました。「ニンニンさん」「シャルマさん」…。CMCのほうは「さすが都会、いろんな人がいる」と言っていたとか。ただの愛称なんですが。
準備体操もなく総勢30人でスタートしました。私たちはストレッチを欠かさないので、少し戸惑いました。ボリウッドダンサーのSさんがつぶやきます。「速い人ほど準備体操しませんて。走るんがストレッチやゆうて」。おおお、そうかー。またしても中学校の弱小陸上部ノリになるのでした。

広告を非表示にする