インド走友会サタデーラン連続200回達成

 デリー圏のランニングサークル・インド走友会のサタデーランは29日、連続200回を達成しました。Facebookの会のページをたどると2013年6月30日が初ラン、2015年5月30日が100回目、そして2017年4月29日が200回目です。豪雨でも正月でも必ず2人以上が集まり、走り、記録が途絶えませんでした。入れ替わりの激しい駐在メンバーが主軸の会にして奇跡だと思います。心から感謝いたします。
 午後から拙宅にてささやかな記念パーティーです。ちょうどこの日、グルガオン入りして1週間で走りに来てくださったトライアスリート・Yさんの歓迎にもなりました。学生時代は「棒術」をしていた弁護士さんです。みんな「ぼーじゅつ?!」と声を挙げました。デリー随一のオケイコ男子リチャードは、新たな武術ライバル出現かと色めき立ち、穏健派?の私たちもナンジャソリャ、と質問攻めです。いろいろ流派があるようですが、その源流はインドにもあるとか。へええー。他の武術との違いは何だろう。リチャードが叫びました。「雲に乗れる!」ぷぷー、孫悟空かっ。雲に乗れるってかっこいいなあ。「じゃあインドに凱旋ですね」「デリー日本人会の忘年会で披露しないと。孫悟空のカッコして」…我々の勧めにYセンセイはおじけづいて?言いました。「宴会芸じゃないんですけど…」。いや空手だって出ているし、まさにここは孫悟空がめざした天竺ではありませんか、ねえ。私の頭のなかでは「棒術=雲に乗れる武道」との認識になってしまいました。

広告を非表示にする