レ・ドゥ・マゴのタルトタタン

 食堂ポリドールで注文とは別物が来て、おとなしく食べた話に対してメール。「なめられたんですよ、材料を使い切るために。ちゃんと言ってください。次に来る日本人のためにも」。そうだったかも、しれません。すみません。でもまぁ、鮭でも牛でも蛙でもウサギでも、出てきたら食べてみたいしなぁ。てな態度が、よくないのかしらん。ちょっと反省。
 サルトルらが集ったサンジェルマンの有名カフェ「Les deux Magots(レ・ドゥ・マゴ)」でタルト・タタン10ユーロ(1380円)を頼みました。アイス添えでお願いします、と注文しましたが、「アイスが売り切れてしまって。クリームでもよいですか」と、渋い壮年ギャルソン。はい、クリームでよいですと言ってしまいましたが、やっぱりダメですかね、こういうのも。ほんのり温かいリンゴのキャラメル煮が、疲れた体にしみわたりました。

広告を非表示にする