シアトルの双子ママのチョコチップクッキー

 メープルシュガーの輸入商社・メープルファームズジャパンの提供サイト「メープル・ピープル」でのコラムを更新しました。「お土産コラム&レシピ」とあるように旅を終えてから、頭とレシピを整理して書いています。
 人から聞いたおやつに込められた思いや、おやつに宿るスピリットは引き継いだうえで、作りやすいようにアレンジ。今回のチョコチップクッキーは、アメリカンサイズだと大きすぎる。ハルミさんいわく「日本で同じようなクッキーを探しても薄っぺらだったり、小さすぎたり」とのことなので、それはさけねっちりし過ぎず「ほどほどチュウィー」をめざして帰国後、数十のパターンで作り直し、ベストと思えるレシピに作り上げました。ローリーが作ってくれたのはバターではなくバターフレーバーのクリスコ(ショートニング)、ベーキングソーダを使用。いかにもなつかしい感じの味わいだったな。
 写真はローリーの2歳の双子のランチです。トマトソースのペンネが入った器の色がいいな。さすが双子、おむつ替え台もデパートにあるような立派な専用台が置いてありました。
コラムはコチラ→http://maple-people.jp/tada/column/chocochip.html