北九州•門司で就活合宿

姉の運転で北九州•門司へ。海辺の市立少年自然の家で2泊3日、就活合宿です。ううう、さむっ。私ってこんなに寒がりだったか。文章コーチとして学生20人の文章に首っ引きです。人生がかかっているから真剣勝負です、フーッ。
インドでインターンをしたS君の特技は「手相」です。手相に限らず「占い?いやあ、私、間に合ってます(何が)…」という感じで、手相を見てもらった経験がないなあと、S君に左手を差し出しました。瞬時に言われたのが「あ、感受性が強いですね」でした。それから「お金は回ってくる」「生き残るタイプ」…。えー、ホントー。みんなに言ってるんちゃうのー。相手がうれしいことを告げてからネガティブな面を言うのが彼のスタイルで、私は「アブノーマル」なんだそうです。何がー。でも何となく、そんな気がしてくるから不思議です。信じよう、いいことだけ。S君が言うとおり、手相は2つと同じものはないので、統計的な分析で傾向は当たりそうです、なぜ、は別にして。
ついでに3歳8ヶ月の丁稚ケイも見てもらおう。小さな手を広げました。パッと見て言われたのが「この子には軸がある」。なぜかドキッとしました。「ケイには軸があるんだよ」と言うと「ジクってなに?」「つらぬくもの、だよ。棒みたいに。去年今年貫く棒のごときもの、と言ってですねー」と高浜虚子の句を金八先生(古い)ふうに言いましたが余計、分からんか。分からずともずっと、言い聞かせよう、私自身のためにも。やっぱり軸だよね。

  • -

☆拙著「パリのチョコレート レシピ帖」はおかげさまで増刷されました。日本図書館協会選定図書にも選ばれました!いよいよチョコレートのシーズンです。熱烈よろしくお願いいたします。

広告を非表示にする