インド走友会コーヒー部

コーヒー部と称して18日、13人がアトリエおやつ新報に集まりました。生豆を自家焙煎して飲もうとの試みで、2ヶ月ぶりです。「バリスタよしき」ことSさんが東京・浅草橋の「ワイルド珈琲」やインドのアマゾンで求めた6種の豆を2人一組になり、洗い、専用の網(ギンナン煎りのような蓋つき)で煎りました。2回目だから上達したはず‥が、豆の洗い方が足りなかったせいか豆のカス(チャフ)が飛びまくり、キッチンはすごいことに。自分でするときはちゃんと洗おう。部屋中がコーヒーの香りで満たされ、幸せ過ぎる日曜の朝です。
煎りたての豆はドライヤーの冷風をあててからSさんに淹れてもらいました。黒いギャルソンエプロン姿で細口のコーヒーポットを操り、サマになるー。しかしまあ、淹れ方の勉強を兼ねて、私たちも代わりばんこで一緒に淹れるべきでした。次はそうしよう。
私とN子さんが選んだのはキューバ産の豆で、すっきり濃くてうれしい。合いの手には私のブランチです。パンに鴨のリエット、卵ディップ、ヒヨコマメのマリネを添えました。おやつとしてコーヒーにはカラメルがあう‥と、8年前に開いたイベントを思い出し、キャラメリゼしたアーモンドスライスをのせ、プラリネ味のクレーム・ディプロマット(カスタード&生クリーム)を巻いたロールケーキをお出ししました。もっとコーヒー、飲みたかったー。いや、話してばっかりを反省、飲みたければお手伝いしなくちゃー。