インド料理レッスン&懇親会@ザ・リーラ・グルガオン

デリー日本人会地区懇親会「きほんのインド料理レッスン」が1日、グルガオンのザ・リーラ・アンビエンス・グルガオンで開かれました。イッチョカミしている同会「インド生活サポートグループ」の主催です。料理教室を主宰するアナンド信江さんに講師役を快諾してもらえ、会場探しもコンサルタントのNさんがリーラを紹介してくださったおかげで、インドとは思えぬスムーズさで話が運びました。
 リーラ側も頑張ってくれました。最初は宴会場での開催だったのが、クッキングクラスをするのなら…ということで、オープンキッチンのあるインド料理レストラン「DIYA」での開催に切り替えてもらえました。さらに交渉の際、1人あたり2000Rs(3200円)という五つ星のメーン・ダイニングとしては安すぎる予算の提示にもかかわらず、メニューを組み、スパイス控えめで日本人にあうよう、調理してもらいました。心から感謝します。
 私は午前10時に会場入りしました。テーブルセッティングを微調整したり、テーブルを割り振ったりしていたらあっというまに時間です。リーラ・ホテルには合計62人が集まりました。ひとりのキャンセルもありませんでした。すばらしい。ノブさんはシックなノースリーブのサリー姿です。いかにも着慣れているふうがかっこいい。女神のようで、輝いていました。ほれ直しました。
さらにリーラは大盤振る舞いでした。マネジャーから少し前、メールで福引きの提案があったのですが、もちろんお願いしました。景品は何だろう、レストラン割引券とかかなあ…。当日まで知らなかったのですが、開会直前に訊いてたまげました。1等はエグゼクティブ・スイート宿泊券(マッサージ60分と4食!つき)、2等は「DIYA」での食事券(4人分)、3等もビュフェレストランでのブランチ券でした。ひええーー、いいのー。それだけで今日の飲食代がふっとんでしまいそうですが、ありがたい。いい宣伝になるということでしょう。
 私はへたっぴな司会をしつつ、写真を撮りつつ、タイミングを見計らいつつ(案の定、押してしまいましたが)…と進行させつつ、どこかで覚醒する感覚がありました。本来は自分自身が演じるより、役割をふって、手配して、集まる場をつくるコーディネート役のが好きなんだな。来て下さったみなさま、心から感謝いたします。