福岡〜羽田〜成田

 福岡発9:00のJAL306便で羽田へ。国内線から国際線に乗り継ぐ場合、荷物のルールが私のアタマにはややこしいので確認必須です。今回は福岡〜羽田でチェックインできるスーツケースは32kg×3個でした。 乗り継ぎのため国際線の受託荷物の条件が適用されます。いつもデリー行きは荷物を運ぶためにアップグレードしてビジネスクラスにして32kg×3個、さらにJGC(JALグローバルクラブ)会員なので+1個(32kg)が認められ、32kg×4個が可能です。しかし国内線(福岡〜羽田)はエコノミーなので国際線エコノミーの条件が適用されてしまい、福岡〜羽田もJGC会員に国際線エコノミー搭乗時に認められる32kg×3個まで可能になる、というカラクリです。分かるような分からんような理屈ですが…。
 ちなみに5歳の丁稚ケイはJGC会員ではないクリスタル会員なので、今回のようなビジネスクラスに搭乗する国際線に乗り継ぐ国内線エコノミーは23kg×3になります。次の一時帰国時の3月は国内、国際ともエコノミーなので、前述のような「ねじれ現象」は起きず分かりやすいのですが。私は32kg×3個まで、ケイの分が23kg×3個になります。備忘録としてメモです。
 ここまで調べておいて、福岡空港のカウンターで言われたのが「乗り継ぎ時間が24時間以内ではないので、国内線の規定になりまして…16kgオーバーです」。単純な国内線扱いになり、通常の20kg+JGC会員の特典としての20kgまでというのです。うそー。24時間以上は適用外とは。チケットのカテゴリーにもよるはず、調べてくださいとお願いしました。後ろに引っ込むこと20分、「おっしゃる通りでOKです」。いやー、おどかさんといてー。余裕のはずが時間ロス、慌てて搭乗ゲートへ。
 羽田空港第1ターミナル到着ロビーにある丸福珈琲店で、新聞社時代の同期サトゼンに会いました。自称どうでもエース、相変わらずひょうひょうとしていて、いい味を出していました。コーヒーもチーズトーストも(ホットケーキと迷ったけれど)おいしくて大満足です。