クイック対応がすばらしい

5歳の丁稚ケイは21日から3週間近く、冬休みに入りました。2ヶ月もの夏休みはアメリカン・エンバシー・スクールと、1歳から通っていたプレスクールIDAをたらい回し…いやダブルスクールして乗り切りました。さすがにもう5歳、「IDAは赤ちゃんばっかり」と行きたがらなくなりました。さてどうしよう。同じレジデンスに住むケイと同い年のK君の母A子さんから授かったのが「ソナロードにあるランサーズが使える」との耳寄り情報です。「ランサーズ」はすぐ近くにあるインター校ですが、ソナロードにあるプレスクールには長期休暇中、大きい子もいて学童保育的な役割もあるようで、夏休みもフレキシブルに対応してもらえたのだとか。冬休みも「ウインターキャンプ」との名目で子どもを託せるといいます。すばらしい。「ソナロード」と聞くだけで遠いな・・という印象だったのですが、地図でみたら5キロほどです。なによりいまはデリーまで片道22キロを送迎している身、ヘでもないわー。さっそく申し込みました。書類も何も書くこともなく、心配になるほどのクイック対応です。朝8時半〜16時半、食事つき、おまけに送迎もしてもらえるとのこと、すばらしい。すべて込みで3週間、1万ルピー(17000円)です。往復4時間の送迎から解放され、ちょっと私のほうが冬休みだわ。
 初日から私は送りもせず、1人で見知らぬ場所に送り込まれたケイは「赤ちゃんばっかりだったー」とのこと。え、そう?アプリに届く写真をみると、確かに小さい子が多いようですが似たようなサイズ感やろがー。K君も通い始めたし、まぁ何とか通えそうです。行き場のない日本を思えば本当に子育て天国です。もう帰れん〜。
 Lancers startup→http://lancerstartup.com/