バンガロールのカフェ「Third Wave coffee」

バンガロールも渋滞がひどく、目的地にたどり着くまで時間がかかるなあ。自家焙煎らしいチョコレート店やステーキ店はあきらめ(今回はコーヒーの旅ですから)てでも向かったのは「Third Wave Coffee」です。バンガロールのケータリング「INBENTO」仕掛け人のタカコさんが「バンガロールサードウェーブが来たか!と衝撃でした」と教えてくれた店です。コーヒーの流行第3波(ちなみに第1はインスタントコーヒー、第2波はスターバックスなどシアトル系)、そのまんまな店名が逆に不安に…。googleでは店のカプチーノの写真が載っていました。ラテアートがファンシー系「クマ」で、あちゃちゃーです。ラテアートはハートぐらい、もしくは店名しか認めない(ちなみにキャラ弁はタコウィンナーまで)ので、どうかな〜との思いが増したのでした。
 お店はインドのチェーン系「BARISTA」の対面の2階にありました。不安は店内に入って吹き飛びました。いや、いろいろ疑ってゴメンなさい。アタリだ、ココ。まずは明るいし、木のテーブルや白い壁もいい感じです。大きなテーブルでノートパソコン(もちろんMac)を操る青年は私たちのために、場所を移ってくれました。ありがとう。テラス席があるのもうらやましい。「デリーに欲しいー」。旅の友4人で叫びました。おいしいコーヒーを飲ませるのはサケットにある「Blue Tokai」ぐらいですが、ちょっと狭くてくつろぐという感じではありませんから。あんまり明るくもないしなあ。
 コーヒーは豆と淹れ方が選べました。エアロプレス、サイフォン、ケメックス、フレンチプレス、V60の5種類もあります。「ケメックスとV60って、ほとんど変わらないのにねえ」「ま、こだわり、ということかな。ニクイねえ」。本帰国が近いYちゃんと言い合います。私は日本の純喫茶ふうにサイフォンにしました。160ルピー(270円)。早くデリーに来てー。一緒に来てくれた「Jaiswal Coffee Roaster」のケイコさんによると、日本女性がインターンで働いているそうで、お会いしたかったな。
 空港への道すがらにも広くて素敵そうなカフェがいくつか見えました。バンガロール、開放的でいいな。デリーなんかダサッ、と思ってしまいました。外から入って来たものは東京の後追いになりがちな日本とは違って一極集中ではなく、それぞれの街に海外へ続く窓があるんだな。
 Third Wave Coffee→https://www.zomato.com/bangalore/third-wave-coffee-roasters-koramangala-4th-block

広告を非表示にする