久しぶりにストロベリー・ファームへ

 半年ぶりに南デリーの通称「ストロベリー・ファーム」へ。ホテルも得意先の日本人御用達です。この時期限定ですが名の通り、イチゴがたくさん実っていました。目当てはイチゴではなくクレソンです。クレソンってあるとうれしいなあ、あまり見ないけど…と話していたら「え、ファームにありますよ」と教えてもらったので、さっそく買いに来たのです。ここのところ日本人向けのオーガニック野菜販売もいろいろ選択肢が増えて、消費者としてはうれしい限りですが、むかしながらの「ファームまで行って抜きたて、掘りたてを調達」というのもやはり、捨てがたい。私が来た4年前はドライバーに頼んで買ってきてもらうこともできたのですが、ここ1,2年は「ドライバーによる注文禁止」となっていて、ちょっと面倒で足が遠のいていました。が、ワーキングマザーのY子さんに「え、私、いつも運転手に頼んで買って来てもらっています」と言われ、それはいいかもーと赴いたのでした。オーダー表などはないので、やはり何があるかある程度は把握しておく必要がありますが助かります。ちなみにクレソンはフランス語(フランス料理でよく使われるから…かな)で、英語ではwatercressです。ファームで買ったのはちょっと小ぶりでしたが、まあよしとしよう。わしゃっと一束で120Rs(200円)でした。いちごは?パック150ルピー(250円)で、いつも行くグルガオンの八百屋の3倍近くでした。5歳の丁稚ケイを連れて行ったらダイコンを抜きたがり、大きいのを2本も買って600Rs(1000円)、散財しました。干してタクアンにでもするか…。

広告を非表示にする