出張料理人マリオン取材〜ポンヌフでパティシエール・アミさんとピクニック

午前7時、エッフェル塔界わいをジョギングです。か、体が重い…日曜日に15kmレースに出るのに、走れるんかいな。ジョギングはいつだって格好の「リセット時間」です。前日の取材を振り返ったり、その日の取材の段取りを考えたり、すべきことに思いをめぐらせたり。それにしても今回の旅の充実ぶりといったらありません。どんな有名レストランだってかないっこない。見知らぬ私のために、ご縁を取り持ってくれた友人と私のことを思って作ってくれた料理をほぼ毎食、いただいているのですから。ものすごくいい本ができそうで、えーどうしよう。あとはうまく伝えなくては。プランを考えているとワクワクして興奮してじっとしていられない。10kmほど。
午前11時、19区のマリオン宅へ。3年ぶりの再会です。前日に引き続き、オーボエ奏者のナオコさんが付き合ってくれました。友人を紹介するだけでなく時間を工面して同行してくれること、ありがとうーっとセーヌに向かって叫びたい。心から感謝します。
「パリのおやつ旅のおやつ」コラムにも登場する彼女は、山あり谷ありはあったようだけれど、活躍の場を広げていました。すごくうれしいです。相変わらずオトコマエで頭の回転が早くて、あこがれます。「パプリカのファルシィにしようと思ったけれど、ピクニックだものね…キッシュにしましょう」とパパッと方向転換、さくさくっとキッシュとガスパチョを作ってくれました。にくいなあ。
15区にあるパティスリー・キョーコに寄ってから老舗チーズ店「キャトルオム」へ。マダムにじっくり相談しながら120ユーロ分、大人買いだー。
チーズを選んで切って包んで真空パックしてもらって…と、結構時間がかかりました。キャリーケースを転がしながらゴロゴロバタバタとポンヌフへ。橋の真ん中でパティシエールのアミさんと待ち合わせていたのです。何とか雨よ降らないで。ナオコさんが晴れ女でよかった。
ポンヌフの橋の下、4人で甘いピクニックです。パリ在住20年のアミさんは、大ざっぱ教の私もひれ伏すお気軽さで、おいしいブラウニーを作ってきてくれました。前に働いていたお店には量りがなく、「ま、こんなもんかな」で作っていたのだとか。わあすごい、教組さまー。
エッフェル塔界わいをピクニック・ウオッチングへ。6月のパリの金曜日の夜、もうどこもかしこもピクニック族でいっぱいです。絵になるなあ。
ほんのちょっとだけ残念なこともあったのだけれど、それは仕方ない、すべてはセーヌに流そう。サバサバ〜っと行こうっと。

    • -

☆7月19日(土)18:00-、東京・紀尾井町のCOOKCOOPでのイベントはおかげさまで満席となりました。キャンセル待ちを受付中です。詳しくはコチラ→夏のフレンチ・簡単レシピ10~人気料理本『パリの小さなキッチン』より~ - COOK COOP | Doorkeeper
☆7月13日(日)11:30−、大阪・なんばパークス産経学園でイベントをします。パリ取材から帰りたて、パリのおいしいもの直送です!詳しくはコチラ→産経学園

  • -

☆粉遊びの会@インド「シュークリームの会」は7月27日(日)から再開する予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

  • -

☆初の翻訳本が発売されました(Kindle版もあります)。

パリの小さなキッチン

パリの小さなキッチン

  • -

☆新刊「パリのチョコレート レシピ帖」はおかげさまで増刷されました。日本図書館協会選定図書にも選ばれました!引き続き熱烈よろしくお願いいたします。

パリのチョコレート レシピ帖

パリのチョコレート レシピ帖