いつのまにかグルグラム

 インドのどこに住んでいますか?と日本で訊かれても「グルガオン(Gurgaon)」と答えることは稀でした。経済成長を続けるインドを象徴するような新興都市ですが、まだまだ知られていないので、「デリーのほう」とか「デリーらへん」とか。訪問販売の消火器売りの「消防署のほうから来ました」という口上かっ。さらに新人記者時代には「警察のほう回ってきます」と言ってサボっていたっけ。あー、あいまいな日本のほうのワタクシです。
 知名度がただでさえ低いのに、一時帰国している間に「グルグラム(Gurugram)」と名乗ることに決まったと報道されていました。「ガオン」「グラム」も「村」との意味は変わらないらしいのですが、「格」が違うらしい(「グラム」のが上等、師<グル>の村の意味)。ひー、名刺を増刷してきたばかりなのにー。
 と、日本的に真に受けたのですが、インド的にゆっくり、シフトしていくのでしょうか。どちらにしてもまだまだ「デリーのほう」と言い続けないといけないな。

パリの晴れごはん (パリ レシピシリーズ)

パリの晴れごはん (パリ レシピシリーズ)