メルヘンの白パン

母なきあと名実ともに、岡山の実家が空き家になりました。近くに住む叔母が「守り」してくれているおかげで、築35年の家に戻ってもすぐ、生活ができるのは本当にありがたい。
車で6時間かけて戻った午前1時、半年ぶりの家です。昭和のダイニングに大手まんぢゅう、移動パン屋「メルヘン」の白パン(蒸しパンにこしあん入り)が置かれていました。め、メルヘン!なつかしすぎる。まだBGMも歌えるぞー。ハミングして涙しました。
実家あたりもマイナーチェンジしていました。40年続くメルヘンの健在を知った翌日、近くのパン屋さん「福まる工房」をめざすと閉まっていて、改装中のようでした。叔母によると9月ぐらいに閉店したそうです。あそこの家族経営らしい、あたたかみのある雰囲気が大好きで、帰省する楽しみだったのに。スタンプカードも半年に一回、行くだけですがためていたのにな。とても残念です。