シュトレンに今年の感謝を込めて

 日経新聞の土曜日別刷り「日経プラス1(ワン)」は先週の3日、フロントページの「何でもランキング」がドイツのクリスマス菓子・シュトレンでした。私も審査員として何度か、ランキングづくりにかかわらせていただいたことがありますが、店の名前などは伏せて食べ比べます。シュトレンも店によって千差万別、なかなかジャッジが難しかったろうな…と推察します。
 1位は飛騨高山のパン屋さん、2位はフランス菓子16区(福岡時代、近くに住んでいた)…と続いて5位に福岡・久留米の地元菓子店「銀のすぷーん」が入っていました。よく発掘してきたなあ。
  私が5日前に仕込んだシュトレンもそろそろ食べごろかな…と1切れ、食べてみました。ホッとします。レシピは定番のものですし私のアレンジもない、ずっと作り続けているシンプルで素朴な味ですが、今回はパリで買ってきたエシレバターをたっぷり使ったのでグレードアップかな。食べてくださる人がいること、心から感謝して包みます。
 日経プラス1のシュトレン、記事はコチラ→聖夜が待ち遠しい ドイツ伝統菓子、シュトレン10選|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE