東京・近江屋洋菓子店本郷店が閉店へ

 「えええっ!!近江屋洋菓子店本郷店が閉店する、と」。ジェンダー研究者M子さんのFacebookで知りました。ええー。リンク先のHPをたどります。本当でした。そのまま引用します。「お客様へ 4月28日を以て本郷店を閉店することにいたしました。長い間のご厚情に御礼申し上げます。神田店は今まで通り営業致します。どうぞよろしくお願い申し上げます。近江屋洋菓子店」。えええー。言葉少ないお知らせが、何とも、せつないです。創業は1884年(明治17年)といいますから今年で133年です。本郷店は神田店の支店扱いだったようですが、神田店とそっくりそのままです。店内に一歩、足を踏み入れると時が止まっているかのようで、たたずまいもケーキもパンも、何もかもレトロで大好きでした。525円のドリンクバーはボルシチが名物です。ショートケーキも昔ながら、エクレアはぽってりとしたあんこ型で、アップルパイも欠かせません。昭和のパンたちもよく買って帰りました。ていねいな味のするフルーツポンチも何とも愛らしく、お持たせに贈り、喜ばれました。ケーキ箱にはいまどき見かけないピンクの幅広リボンをかけてくれたなあ。そういえばお持ち帰り用の紙袋には、パンのことを「麺包」と書いてあって…ああ、もう、いくら感謝してもしたりません。昔ながらの貴重な店がまたひとつ消える…。私が東京版の記者なら絶対、書くのになあ。慟哭するファンがたくさんいるはずです。
 インドに来る前、東京時代の2年で何度、通ったことでしょう。赤ちゃんだったケイを連れて毎週、バギーを押して行っていました。だれかと会う際にも指定する場所はたいていこちらで、マイ応接間と化していました。この店を最初に教えてくれた人とは行き違ってしまったことも、また何とも言えない思いでかみしめます。神田店は続くようなので、だれからも頼まれていませんが熱烈応援します。また一時帰国したら行きたいなあ。本郷店、本当にありがとう。
 近江屋洋菓子店http://www.ohmiyayougashiten.co.jp/